RedteaMobile
standard-title GLOBAL MOBILE TRENDS 2018-2025、モバイル業界の傾向

GLOBAL MOBILE TRENDS

2018-2025、モバイル業界の傾向

GSMA Intelligence Base(GSMAインテリジェンス)が「Global Mobile Trends Report 2018:モバイル業界を後押ししている要因は何か」を発表しました。このレポートでは、2025年までにモバイル業界を形成する5つの主な傾向を概説し、最新のモバイルインターネットの動向と5G時代へのモバイルネットワークテクノロジの進化を分析し、今後数年間の豊富なデータと世界の電気通信およびモバイル業界の方向に関する洞察をまとめました。モノのインターネット(IoT)の成長、急速に変化するメディアおよびコンテンツ市場、主要エリアでの業界ビジネスチャンス。これらの内容について、このトピックで解説していきます。

レポートには世界中の最新のデータポイントの概要が表示されます。レポートの全文は下記のPDFファイルのなります。(英語)

https://www.gsmaintelligence.com/research/?file=8535289e1005eb248a54069d82ceb824&download

目次

Part-I:通信業界を形成する一般的な傾向

Part-II:消費者とモバイルネットワーク

Part-III:ネットワーク技術

Part-IV:モノのインターネット(IoT)

Part-V:メディアとコンテンツ

Part-VI:財務実績


Part-I:通信業界を形成する一般的な傾向(2025年までの市場見通し)

ア:次の世代は、モバイルデバイスでインターネットに接続し、デジタルサービス業界のルールを変える。

*いまから2025年までの間に、世界中で約16億人の新規モバイルインターネットユーザーが増えます、新規ユーザーの約半数が5つの国(中国、インド、インドネシア、ナイジェリア、パキスタン)から来ています。

*中国とインドが最大の成長率を占め、インドネシア、ナイジェリア、パキスタンが5,000万人以上のユーザーを占めています。

*これらの市場における固定ブロードバンドユーザーの数はごくわずかであるため、次の世代のインターネットユーザーは専らモバイル機器を使用することを好むでしょう。

*このような大規模で主に英語を話さない若いユーザーにサービスを提供するためにモバイル側を使用する方法、注意点(たとえば、ヘルスケア、電子商取引サービス)を調査することが重要です。

* 2025年には、36億9200万人がモバイルデバイスを介してインターネットにアクセスし、全世界のインターネットユーザーの72%を占めます。モバイル+ PCユーザーは13億1,800万人、純粋なPCユーザーはわずか6,900万人、モバイルデバイスを持っているがインターネットにアクセスできないのは8億4,100万人、そしてモバイルデバイスを持っていない人口は23億7,500万人になるでしょう。

イ:通信業界における5GおよびIoTの市場機会は、消費者ではなく企業に大きく依存しています。

*製造から電力業界まで、5Gの開発とモノのインターネット(IoT)は、幅広いビジネスニーズを満たし、新たなビジネスチャンスを生み出します。

*企業は最先端技術(超低遅延モノのインターネット、高度な分析、AI、AR、VR、ビデオ最適化などの技術を含む)、通信事業者はモバイル2G / 3G / 4G / 5Gサービスを提供し、クラウドサービスプロバイダはPaaSサービスを提供します。競争はさらに激化する時代に。サービスは通信事業者自身のネットワーク(プライベートハードウェア)上でホストされ、ハードウェアはサードパーティのクラウドプロバイダ(パブリックハードウェア)によって所有し運営されることも増えます。

*通信事業者とAmazon AWS、Microsoft、IBM、およびその他のクラウドサービスプロバイダは同業種であり競合相手でもあります。一方では低遅延のIoTと分析を通じて企業顧客を獲得し、他方ではキャパシティを拡大するために協力または外部委託する必要もあります。

* 2017年の調査によると、起業家の69%が、5Gが到来すれば企業サービスが最も重要な収入源になると考えています。IoT接続における企業接続の割合は、2018年の41%から2025年には55%に上昇します。

ウ:コネクティビティ(connectivity)がコモディティ(Commodity)化され、プラットフォームおよびデータ分析でより多くの価値を生み出します。

*接続性は依然として重要ですが、特に待ち時間の影響が少ないIoTアプリケーション(スマートメーターの読み取りなど)では、主要な価値を左右する要因ではありません。

*通信事業者にとっては、IoTおよび5Gサービスは「接続」(低価値)としてのみ提供されますか。それとも、サービスの一部として、パッケージサービスにデータ分析サービスを追加する(高価値)かを考える必要があります。

*あるいは、全体的なサービスプランとは無関係に、高度な接続はアンカーサービスとして提供することもできますが、いずれにせよ、この「顧客側の考え方」は既製の技術を売るのと同じくらい重要です。

* 売上で見ると、2010年のコネクテッドマーケットは110億ドルで、Internet of Thingsの総売上高の約20%を占め、プロフェッショナルサービスマーケットは120億ドルで、コネクテッドマーケットをわずかに上回り、アプリケーション、プラットフォーム、およびサービス市場の売上高は250億ドルでした、全体の50%以上を占めています。2025年に、コネクテッドマーケットは510億米ドルに達しますが、シェアは5%に低下し、プロフェッショナルサービス市場は2,990億米ドルに達し、約30%を占め、そしてアプリケーション、プラットフォームおよびサービス市場は754億米ドルに達し、約70%を占める。 

エ:ほとんどの電気通信事業者にとって、コンテンツ業界に軽い資金投入戦略が現実的です。

*内容は素晴らしいですが、製作費も高い。Netflixは2017年のオリジナル番組制作に63億ドルを費やしました。Time Warner(80億ドル)、Fox(80億ドル)、およびDisney(78億ドル)とほとんど同じ規模に

* Netflixは、ストリーミングメディアの成長を牽引する最大の原動力であり続けるが、伝統的なテレビ放送収益を絶えず侵食しています。しかし、ほとんどの通信事業者にとって、高価な市場でコンテンツを取得または作成するよりも、コンテンツを共同制作してライセンス供与する方が現実的です。

オ:電気通信業界の全体的な収益は、IoTと5Gの収益の流れが確認されるまでは保守的になる傾向があります。

* 2017年から2025年の間に、産業用IoTデバイスの数は100億7500万に増加し、IoT接続が60億4900万増加し、認可された低電力ワイドエリアネットワーク(LPWA)接続が1882.8億増加し、3G接続が1億3800万減少する。 4G接続は25.7億増加し、5G接続は13.56億増加する見込み。2017年には、世界のモバイル収入は1,050億ドルを超え、2050年までには1兆1,500億ドルを超えるでしょう。

* 4Gと5Gのつながりは増え続けていますが、これらの新しい分野で新たな収入源が確定されるまで、収益見通しは不明です。2020年から2025年の間に、所得成長率はおよそ1%に減速するでしょう。


Part-II:消費者とモバイルネットワーク

ア.:約51億人がモバイルデバイスを使用します、キーワードは「成長」ではなく「使用」です。

*世界人口の約3分の2がモバイルデバイスを使用しています。2017年の純成長ユーザー数は1億8000万人に達し、数字的に非常に多いものの、2012年の3億ユーザーの純増加のピーク期間と比較して年間成長率は鈍化しています。

*これは、モバイルユーザーが世界の人口の70%〜80%を占めている場合の当然の結果です。高齢者や地方の人口などは含まれていません。

*最も重要な変化は、ますます多くのモバイルユーザーがインターネットを使用していることであり、インターネットを使用しているモバイルユーザーの割合は、2017年の65%から2025年の86%に上昇するでしょう。

*上の図に示すように、今年の世界の77億人のうち50億人以上がモバイルデバイスのユーザーであり、モバイルインターネットユーザーは約35億人です。2025年までに、世界の人口は82億人に達し、モバイル機器のユーザーは60億人近くになり、モバイルインターネットのユーザーは50億人に達するでしょう。

イ:2025年までに、世界のインターネットユーザーの約50%が5カ国からもたらされるでしょう。

*現在から2025年までの間に、世界中で16億人の新規モバイルインターネットユーザーが存在し、その約半数が5つの国(中国、インド、インドネシア、ナイジェリア、パキスタン)から来ます。中国とインドが最大の成長率を占め、インドネシア、ナイジェリア、パキスタンが5,000万人以上のユーザーを占めています。

*その他の成長源(写真のLongTailの部分)は、主にサハラ以南のアフリカと東南アジアに分布しています。彼らは銀行、医療、教育サービスなどなく、開発が進んでいない地域に住んでいますが、どのようにしてこれらの若い、低収入の英語圏ではないユーザーを引き付け、維持するかが課題です。

ウ:低価格のAndroid携帯電話とデータ使用料金の下落に刺激され、新興市場は急速に成長します。

*新興市場におけるモバイルインターネットの普及の背景には、主に2つの要因があります。1つはスマートフォンの価格が下落し続けていること(主に中国のOEMメーカーによる、ほとんどのデバイスがAndroidシステムを実行している)です。もう一つは利用料金の低下です。

*私たちの分析によると、多くの発展途上国で、600MB-2GBと総収入の間のデータ通信パッケージ収入の割合は、2015年の2-3%から現在の0.5-1.0%へと減少しています。

*データ通信は、彼らの固定ブロードバンドの唯一の選択ではありません、利用料金の低下、手数料の減少は、発展途上国の低所得者がよりインターネットサービスが利用しやすくなります。

エ:2025年までに、スマートフォンの普及率は80%に達するでしょう。

オ:世界中のインターネットユーザーの約4分の3がモバイル機器を使用します。

カ:SNSなどの情報サービス “モバイルファースト”、および電子商取引はさらに激化します。

* 4年前、Facebook、Google、Netflix、WeChatなどの大規模なコンシューマテクノロジプラットフォームが「モバイル優先」戦略を再定義しました。収益に関係なく、この戦略はスマートフォンユーザー間のソーシャルネットワーキングとOTTメッセージングサービスの粘着性を統合するのに役立ちます。

*中国に加えて、モバイルEコマースは他の国々では十分に活用されておらず、その市場シェアは30%未満です。

*インドはFlipkartとAmazonが追いかけているテスト拠点です。インドには4億人のスマートフォンユーザーがおり、そのうちの20%は少なくとも月に1回は携帯電話を使って買い物をしています。この比率を30%に増やすと、インドはユーザー数を米国に追いつくでしょう。

*図に示すように、スマートフォンユーザーのうち、月に1回以上OTT情報サービスやソーシャルネットワークを利用しているユーザーの割合が非常に高く、電子商取引では日本と中国が最も多く、米国などが続いています。

キ:80%の人が3G / 4Gネットワ​​ークでカバーされていますが、モバイルネットワークを使用していません。

* 2017年末までに、33億人(全世界人口の44%)がモバイルインターネットに接続していました。しかし、インターネットにアクセスできない人はまだ40億人います。

*インフラの欠如がしばしばこの現象の原因として挙げられていますが、それは確かに理由の1つですが、それほど深刻ではありません。

*インターネットにアクセスできない人のうち、人口の80%が3Gおよび4G信号でカバーされている範囲内に住んでいます。それでもモバイルネットワーク利用できないのは、その背後に隠れた要因がいくつかあります。

– 成人の40%が文盲です。

– 500MBのデータ利用料金は、1人当たりの月間GDPの約10%の収入に相当する。

– 2017年、すべてのアクティブなモバイルアプリのわずか0.2%が低所得国で開発されました。

ク:「未接続」の人口を分析します。

*サハラ以南のアフリカは依然として世界最大の「つながっていない」地域であり、農村地域での信号カバレッジが低くは依然として大きな課題です。

*次はインド亜大陸ですが、現在急速に成長しています。

*これは開発途上国にとって簡単な問題ではありません。これらの人々は、3Gおよび4Gネットワ​​ークのある地域に住んでいますが、高齢者や若すぎる人々を除いて、主に低所得層の人々です。


Part-III:ネットワーク技術-5Gが来ているが、LTEは依然として今後10年間の主流。

ア:5Gが来ている

*2017年には、世界49カ国で77の通信事業者が5Gネットワ​​ークの試験を開始しました。2018年に、韓国は冬季オリンピックで商用5Gネットワ​​ークのプレビュー版を開始され、米国は商用利用を開始する予定です。2025年までに、13億人が5Gを使用し、ネットワークの通信可能範囲は40%に達すると推定されています。

イ:中国、日本、韓国、アメリカ、ヨーロッパが5Gを最初に使用するようになるでしょう。

* 2025年までに、5Gモバイルの接続数は13.6億に達すると予測しています。5Gは全世界のモバイル接続の15%を占めるようになるでしょうが、それは中国、日本、韓国、そしてアメリカの一部地域によってのみです。

*中国は最大のユーザーを持ち、アメリカの2倍以上の規模です。

*いずれの場合も、5Gの普及時間は4Gより長く、しかしLTEの速度はまだ向上しています。ARやVRなどの新しい技術やサービスがなければ、5Gの魅力は弱まります。供給側の観点からは、オペレーターは投資する必要があります。巨大な都市は、ネットワーク基地の配備をますます広がるでしょう。

ウ:ヨーロッパも5Gのリーダーになるかもしれませんが、それは5Gスペクトラムの可用性と断片化の問題が解決された場合に限られます

エ:5Gスペクトラムには断片化のリスクがあります

ヨーロッパでは、バンドCが非常に細分化されています。欧州郵便通信規制委員会(CEPT)は新しい解決策を見つけようとしています。断片化はネットワークの遅延を引き起こし、ネットワークを減速させ、携帯電話のコストを増加させる可能性があります。大規模な規格化には向いていません。

オ:消費者にとって、5Gは、少なくとも初期段階では、まだ慣れないサービスになる可能性があります。

* 5Gのスマートフォンでのサービスには、高速通信と没入型エンターテイメントの2つの用途があります。

*通信速度が速いが(5G規格はダウンロード速度が最低Gbpsであることです)。4Gネットワ​​ークと比べてもわずかな値上げの可能性があります。VR、AR、生放送などの没入型体験に使えます。しかし、これらの新しい技術はまだ成熟していません、そしてどのようにビジネスにするのが問題です。

*新しいスペクトラムと無線インタフェースのおかげで、高速なLTE通信の利用は5Gよりも初期の段階では現実的です。

*米国は5G用の新しい消費者向け応用のシナリオを提案しました – 5G固定ワイヤレスブロードバンドを家庭に導入し、ケーブルやDSLを置き換えます。この技術はまだ始まったばかりで、成長を促進するものよりも利益を補完するものと考えています。

カ:5Gによって多くの可能性がもたらしたが、ビジネスモデルには接続性だけに焦点を絞ってしまうと、5Gの真の価値は発揮できない。

5Gは、B2BとB2Cの多様なビジネスニーズへ展開されます。中国は、自動車から無人偵察機、ハイテク製造に至るまで、最先端の試験拠点となっています。重要なのは、5Gが機能するかどうかではなく、顧客が問題の解決方法を理解しているかどうかです。通信事業者にとっては、考える価値があります。IoTおよび5Gサービスは「接続」(低価値)としてのみ提供されますか。それとも、機能の一部として、パッケージサービスに組み込んで提供するかを考えるべき。

キ:5Gは、分散化/エッジコンピューティングへの移行において重要な役割を果たしています

ク:ブロックチェーンは極端に分散します。

*ブロックチェーンは分散ネットワークのシンボルです。

*初期のアプリケーションは、送金とクラウドストレージから暗号化トークンによる価値交換へと移行し、ブロックチェーンが手法となりました(主にBitcoinまたはEthereum)。

*技術の応用は、ブロックチェーン技術からコールドチェーンロジスティクス監視まで多様で、ブロックチェーン技術を使用することができます。

*通信業界でのブロックチェーンアプリケーションは現在ローミングシナリオに限定されていますが、特にeSIMがスマートフォンに適用されている場合は、さらに便利になります。

ケ:5Gの将来に関係なく、LTEは今後10年間で主流を維持します

*市場の仕掛けを作ることは、人々の注意を運用上の現実にシフトさせる可能性があります。

* LTEは、今後少なくとも10年間は​​依然として世界中の通信事業者の基盤です。

*世界全体では、LTEは2025年までに総接続数の57%に成長すると予想され、5Gが15%を占めます。より高い使用率でも、5Gは単なる補足であり、LTEに代わることはできません。


Part-IV:モノのインターネット(IoT)– 産業用インターネットは、モバイルコネクティビティにおける最大の成長源です。

ア:2025年までに、IoTデバイスは250億個に達するでしょう、そして垂直的な商業の応用が主な推進力です。

(赤い部分は産業用IoTデバイスの数を表し、黒い部分はIoTデバイスの数を表します。5G / IoTの機会が企業に移転されています。さらに100億の産業用IoT接続を追加する予定です。)

*ほとんどのIoTデバイスは、通常屋内環境では、無認可の無線技術、主にWi-Fi、Z-Wave、Zigbeeなどの短距離接続で接続されます。モノのインターネット市場の成長とエコシステムの成熟に伴い、モノのインターネットの商用ケースも「単純なネットワークデバイス」から「特定の問題や特別なニーズに対するソリューションの提供」に移行します。

*モノのインターネットは、家電製品やスマートホームなどの消費者市場で急速に主流のテクノロジとなりつつありますが、産業用モノのインターネットは、将来のコネクティビティ成長の最大の原動力となるでしょう。

*エネルギー、電力産業、製造業、都市交通が変化していきます。

イ:コネクティビティはIoT時代にコモディティ化され、プラットフォームと分析レベルでより多くの価値を生み出します

*商用、プラットフォーム、およびサービス(クラウドデータ分析やセキュリティサービスを含む)はモノのインターネットの成長分野です。2010年から2025年にかけて、この値は30倍に増え、7,540億米ドルに達し、モノのインターネットの総収入の2/3以上を占めます。

*システム統合、コンサルティングおよび管理サービスをカバーするプロフェッショナルサービスはモノのインターネットの開発において重要な役割を果たすでしょう。産業用デジタル化に牽引されて、プロフェッショナルサービスのシェアは増え続けます。

* 2025年までに、通信サービス(510億ドル)を提供することは世界のIoT収益機会の約5%にすぎず、通信事業者がデータパイプラインの競争だけに頼ることは困難になります。

*最大の課題の1つは、複雑で細分化されたバリューチェーンを回避し、活路を見出すことです。

ウ:複雑なバリューチェーンの足がかりを見つけることが最大の課題です。

専門サービスは:コンサルティング、システム統合、および管理サービスに細分することができます。応用サービスに関しては:セキュリティ、データ分析、クラウド、プラットフォーム、およびアプリケーションに分類できます。

*具体的には、セキュリティ面は:管理セキュリティ、データセキュリティ、プラットフォームセキュリティに分類されます。データ分析は:アプリケーション分析、予測分析、AIに分類されます。クラウドは:プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド、パブリッククラウドに分類されます。プラットフォームは:接続管理、デバイス管理、アプリケーションサポート。その他アプリケーションに細分化され、インテリジェントビル、スマートシティ、スマートカー、スマートホーム、スマートマニュファクチャリングに分類されます。

* 3番目の部分は固定ブロードバンド、2G / 3G / 4G / 5G、NB-LoT、LTE-M、LORA、シグフォックス、衛星放送を含む接続です。

エ:消費市場は横ばいに成長していますが、依然として主力です。

(2018年から2025年の間のモノのインターネット接続の純成長)

スマートホームの前提はアイテムの接続に基づいており、これらのアイテムは自宅またはリモートでシームレスにリモートコントロールできます。接続部分については疑いの余地はありませんが、物同士の相互接続を解決する必要があります。

オ:スマートホーム分野には多くの企業参加しますが、リードすることは難しい

図のように競争の激しい状況では、家電製品ではSamsung、LG、データ分析ではGoogle、Amazon、IBM、プラットフォームではSavantと他の企業、照明ではPhilips、SamsungとIKEA、太陽エネルギーではSolarCityとSunpowerがあります。テスラの競争、さらに、家庭用アシスタント、家庭用ロボット、セキュリティ、ホームコネクト、家庭用エネルギー、娯楽、オンデマンド商品、ヘルスケア、ペットと子育て、園芸なども様々な面で競争が激しくなる。

ア:自動車分野では、テレマティックスには一定の魅力がありますが、本当の戦場は自律運転です。

*自動車のオンラインは主に娯楽情報とテレマティクスに焦点が当てられています。

* Verizonは、買収(US Hughes M&Aなど)のおかげで、非常に優れたプラットフォームを作成し、2017年に15億ドルの収益を上げていた。その大部分はテレマティクスによるものです。

*ただし、IoTの収益は総収益の1%未満であり、収益全体の成長への影響は限定的です。

* R&Dの方向は次第に自動運転に焦点を合わせています。自動車製造業者によって採用されるために、様々な規格もまた激しく争われている。


Part-V:メディアとコンテンツ

ア:オンデマンドでコンテンツのオンライン利用は、コンテンツのエコシステムを崩します。

デジタル業界の巨人とOTTコンテンツプロバイダは、コンテンツ制作から流通チャネル、そして消費者に直接つながる従来のコンテンツプレーヤのバリューチェーンモデルを超える、完全なパラレルオンラインビデオエコシステムを開発しました。

ア:Netflixはオリジナルコンテンツプログラムの制作に多額の投資を行い、好循環の成長を生み出しました。

ア:もう1つの力はソーシャルメディアです。SNSはコンテンツの形式と配布方法を再定義しています。

ア:上記の傾向は、より多くのデジタル支出習慣を持つ世代を引きつけ、彼らはオンデマンドコンテンツにお金を払うのに慣れています。

ア:ほとんどの電気通信事業者にとって、コンテンツ業界に低い資産戦略を導入することはより現実的です。

企業がコンテンツを作成するには、通常2つの方法があります。

オリジナルのコンテンツと独占的なコンテンツを異なる利点として使用できるため、コンテンツを迅速に市場に投入できますが、コストが高く、統合リスクが高く、コンテンツの競合に巻き込まれる可能性があります。

2つ目は、承認やバンドルによる方法です。これは、幅広いコンテンツを提供するのに多大なコストを必要としませんが、競合他社は競争を差別化できず長期的に持続できない類似の製品を持っています。一般に、通信事業者にとっては、コアネットワークの優位性を維持し、低いコストを採用することは、高価な市場でコンテンツを取得または作成するよりも、協力およびライセンスコンテンツの方が現実的です。


Part-VI:財務実績

ア:世界のモバイルビジネス収益の成長見通しは依然として低調です

* 2017年の世界のモバイル事業の収益は10億5000万ドルで、前年同期比で2%増加しました。米国主導の成長の一環として、2018年の成長の後、所得成長率は2025年までに約1%まで減速し続けるでしょう。

*成長の鈍化は、主に独立系加入者数の増加の鈍化、規制上の介入、競争の激化などの要因によるものです。

* 2025年までに緩やかな成長を維持するのは、主に5Gの商用サービスとIoTサービスによるものです。コネクティビティレイヤに加えてIoTの収益が増加したこと、および新しいサービスエリアが開発されたことにより、予測が高まる可能性があります。

ア:主要分野における不利な収入要因は、短期的には世界の業績に影響を及ぼします。

中国市場:成長率は2012年から2017年の5%から2017年から2025年の1.9%に低下します。

*ユーザーの成長が鈍化し、競争と規制圧力(中国でのローミング料金のキャンセルを含む)が発生しました。

*通信事業者がより競争力のあるデータパッケージ価格で低成長に対応するにつれて、無制限のデータパッケージの需要が高まります。

* 5Gは、予測期間中は限定的です。ただし、ユーザー1人当たりの平均収入(ARPU)が増加したため、全体的な成長率が低下しても、収益の見通しは明るいままです。

インド市場:成長率は2012-2017年の0.9%から2017-2025年の1.9%に上昇する。

* Reliance Jioの市場シェアが拡大し続けているため、一部の企業は合併していますが、市場競争はますます激しくなっており、収益は減少しています。バンドルされたデータパッケージの価格は、MBあたりの実効価格が大幅に下がったことを示しています。

*競争圧力が緩和され、市場シェアが安定し、M&Aの影響が減少するため、ARPUは2020年に好転すると予想されます。4Gテクノロジの普及により、データ通信の使用量が増加し、通信事業者の価格設定力も向上することが予想されます。

米国市場:成長率は2012年から2017年の2.3%から2017年から2025年の2.4%に上昇する。

* T-Mobileと新しいMVNO事業者によって、米国での競争は依然として激しい。Tモバイルとスプリントの合併は承認されれば、現在の競争を安定させることができます。

*さらに、価格とARPUが急激に下落した後は、モノのインターネット(コネクテッドビジネスが大きく成長している)と5Gのリリース(2019年以降)が収益動向の安定化に寄与するでしょう。

欧州市場:成長率は2012年から2017年の-2.2%から2017年から2025年の0.4%に上昇する。

*数年にわたる減少の後、規制上の抵抗の減少とマクロ経済情勢の改善により、ヨーロッパの収益は安定し始めました。全体的な成長率はゼロに近いですが、さまざまな市場の統合は依然として収益の発展に貢献します。

*数年の下落を経て、英国の所得状況は2020年に変曲点を持つと予測されています。データ流通量の大幅な増加により、競争プレッシャーは緩和され、ARPUは安定するでしょう。この予測には、5Gまたは新しいサービスの収益のわずかな増加も含まれています。

ア:通信キャリアの評価は、成長の見込みと一致しています。

(完)

原文GSMA Intelligence-Global Mobile Trends / What’s driving the mobile industry? 
From RedteaMobile    翻訳・校正:肖 書芳 (令和元年7月28日、完)