RedteaMobile
standard-title M2M

M2M

M2Mのワールドワイドネットワークソリューション

 ネットワーク接続はIoTの基本である。2025年、5Gの普及とともに、約500億のデバイスがネットワークにつながると言われています。無論機械同士のM2M通信だけではなく、データバンクとの接続やクラウドとの接続も含まれています。いずれもネットワークに繋がらなくては始まらない、ネットワークにつながることは最初の必須条件となります。また、応用環境の多様化により、デバイス側とネットワーク側のスムーズな接続が非常に大事になり、どんな環境でもシームレスに接続できることが要求されます。
 多様化した環境でesimの応用は下記のような重要なポイントがあります。
 ①設備やデバイス、出荷前のsim内蔵機能:esim機能
 ②simカードやこれにかかわる経費の削減:もはや現存のsimカードが対応できない規模の数になりますので、現存のsimと通信キャリアでの対応が追いつくことが不可能。
 ③遠隔操作、遠隔管理が必要:現存のsimカードだと物理的にも対応不可能になります、IoTの接続はもっぱらesimになる傾向があります。
 ④デバイスや設備の常時接続:Plug’nPlay、デバイスや機械が電源ONすれば自動的にネットワークにつながる必要があります。
 ⑤クラウド管理:esimやデバイスの接続状況をクラウドで管理するプラットフォームが必要。
 ⑥サポートネットワーク:万が一メインネットワークがダウンした場合、代わりにつながるネットワークが必要になります。

RedteaReadyの応用

小売業:クラウド管理のネットワークソリューション

すべての作業をesim経由でクラウドにアクセス可能、世界中のどこからでも


自動車業:1ヶ所生産、全世界発送

自動運転に必要な通信、Reateaのesimで5Gネットワークにつながり、マルチキャリアで全世界どこでも常時接続ができ、自動運転L4、L5での通信に欠かせないネットワークソリューション


デバイス、端末:手軽にフレキシブルにアクセス

端末の国際ローミングサービス、やがて世界中どこに居てもネットワークにつながります。


物流業:常時接続、常時追跡

トラック、船、作業車、すべての自社ツールをネットで一元にリアルタイムで管理することが可能に


公共事業:水道メーター、電気メーターへのesim応用

あらゆるメーター、計測器にesimを搭載し、発信させ、遠隔で測量機器を管理可能、放射能の強い場所や危険な現場での測量に、IoTの活用が必要になります。


ウエアラブル製品:微弱電力でのesim応用

ウエアラブル製品、通信可能な名刺など軽量デバイスの通信をesimに変わる、1g未満のICチップでネットワーク通信を解決できる