RedteaMobile
standard-title RSP redteaのリモートsimプロビジョニング、クラウド上に1つのプラットフォームであなたのすべてのsimを管理可能になります。

RSP

redteaのリモートsimプロビジョニング、クラウド上に1つのプラットフォームであなたのすべてのsimを管理可能になります。

RedteaMobileのRSPプラットフォームはGSMA eSIM規格に準拠しており、主流のチップをサポートし、複数のオペレーティングシステム(Android、Linux、RTos、COS)および複数のセキュリティメディア(TEE、eUICC、eSE、iSSP)に対応できます。2018年の時点でコンシューマー向けのRSPはV3.0に更新されています。GSMA と同時進行で進めています。esim技術を展開する上では、RSPの運営は欠かせません。
これまでのsimカードは、製造、カスタマイズ、流通、アクティベーション、廃棄まで、すべてキャリに委ねて、キャリアが絶対的な優位性を保っていました、しかし、esim+RSPで通信産業システムは再構築される可能性もあります。RSP(Remote SIM Provisioning)プラットフォームを導入した後、RSPを中心としたネットワークの枠組みを形成します。製造およびカスタマイズプロセスは、オペレータの選択を必要とせず、流通およびアクティベーション方法は変わり、eSIMを使用すれば、従来のSIMカードにかかる時間、労力、およびコストを大幅に節約できます。OTA(OnTheAir)で情報を書き込めるため、デバイスに組み込めば、世界中のどこでもネットワークにつながり、作動します。RedteaMobileのRSPはIoT時代の到来と共に、esimテクノロジーと組み合わせ、新しい時代のビジネスモデルを生み出しています。